• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪でのアパート経営はリスクが低い

バブル崩壊以降、不動産価格は大きく下落しました。バブル期にはあれだけ活発に行われた不動産投資は、不況に突入してからはかなり低調になりました。しかし、昨今再び不動産投資が注目されつつあります。 特に大阪や東京、名古屋などの大都市圏においては不動産価格の上昇がずっと続いており、この上昇は今後もしばらくは続いていくと見込まれています。大都市圏は、地方からの人口流入が継続しており、そのため都市部は非常に活気に満ちています。 今のうちから不動産に投資をしておけば、将来は不動産の価格上昇も見込めますし、また人口の集中する都市部ではアパート経営もかなり有利になることは間違いありません。以上のようなことを考慮すれば、大阪などの大都市圏での不動産投資はリスクがとても低いと言えます。

アパート経営で堅実な収益を得続けられる

バブル期に行われた不動産投資は、不動産価格の急激な値上がりを期待して、キャピタルゲインを狙うという傾向が強かったですが、昨今の不動産価格の都市部での上昇はバブル期ほどの勢いは望めません。 ですから、大きなキャピタルゲインを狙っていくというのはあまり現実的ではありません。それよりも、アパート経営を行って堅実にインカムゲイン的収益を得ていくような不動産投資の方が現実的です。 地方では人口の流出が続いており、そこでアパートの経営をすると空き家リスクなどもありますし、地価下落による不動産価値の減少などのリスクまでも背負いこむことになりますが、逆に大都市圏は人口流入、地価上昇が続いていますから、アパートの経営で安定した収益を得られる可能性はとても高く、いまこそ投資のチャンスといえます。

関西圏での不動産投資が有望なこれだけの理由

関東に比べて関西は最近元気がないのではないかという人もいますが、そんなことはありません。東京圏に次ぐ大都市圏である大阪は、現在人口は約900万もいますし、年々人口は増加が続いています。 街の商店街にもそれぞれ元気があります。空港も2つもあり交通の便も非常によく、けして東京圏に負けていません。会社も上場企業から中小零細企業までたくさん集まっており活気に満ちています。またカジノ構想などの話題もあり、関西都市圏は今後もますます発展し人口流入も増え続けていくことは間違いありません。 このような場所で不動産投資、とりわけアパートを経営するのはとても賢い選択であり、ためらう理由は何もありません。利息の低い銀行に巨額のお金を預けておくよりも、積極的にアパート運営をした方が高い利回りを得られますし、老後の資産づくりにも最適です。